不動産投資のメリットは?

 

不動産投資のメリットについてみていきます。

 

まず一つ目ですが、資金が少ない状況でも始めることが出来るというメリットがあります。物件の評価によっては、少ない資金からスタートできる投資商品でもあります。

 

ここですぐに投資を始めたいという人もいますが、できればその物件の3割ほどの現金がある状態で始めることをおすすめします。なぜならいろいろな手数料もかかってきますし、賃貸物件を借りて住んだことがある人は分かると思いますが、エアコンの修理費用など、思いがけずにお金がかかるケースもあるからです。

 

またなぜ物件の3割ほどの現金があった方がいいのかといいますと、やはりリスク対策になります。不動産を買えば儲かるという時代ではありません。収益が上がらない物件をつかまされる可能性もあるからです。

 

2つ目の不動産投資のメリットとしては、毎月決まった安定した家賃収入を得るというメリットもあります。それ以外にも、その物件を売買した際に得られる利益もありますから、購入する物件の立地はとても大切です。

 

サラリーマンの場合には、税制上のメリットも受けることが出来ますから、マンションなどの不動産投資が節税にもつながります。これから増税の時代が始まりますので、賢く利用していきたいところです。

 

また不動産投資を行う目的を年金にしている人や、生命保険にしている人も多いようです。

 

不動産投資をして家賃収入を得られた場合に、その家賃を個人年金替わりにしている人もいますし、万が一死亡してしまった場合には、ローンを組んで収益物件を購入している場合には、団体生命保険からお金が下ります。

 

そして収益物件のローンは以後支払わなくてもよくなりますので、その上で家賃も継続的に入ってきますので、生命保険としても利用できるメリットもあります。

 

株やFXなどの金融商品に比べると損をしたときの金額は大きいかも知れませんが、物件選びや利回りなどを間違わなければ、不動産投資は安定的な資産運用になります。