不動産投資の利回りについて

 

不動産投資をする目的ですが、主に転売利益を狙うものと利回りが挙げられると思います。転売利益に関しては、買った時の値段よりも高く売って利益を狙う方法になります。

 

利回に関しては、投資をした資本をどれくらいの期間で、回収出来るのかということになります。

 

たとえば、不動産投資を始めて、家賃を15万円に設定したとします。ちなみに不動産の価格が1800万円だったとします。この状態で利回りを計算すると、15万円×12か月で10パーセントがり利回りだということがわかります。

 

つまり、1年で投入した資本金の10%は回収出来る計算になりますので、投資した金額すべてを回収しようと思ったら、10年という時間がかかるということになります。

 

不動産投資の利回りというのは、家賃と物件の購入金額によって導き出されます。不動産投資物件を選ぶ際のポイントとしては、この利回りがとても重要となってきます。

 

万が一その土地の相場が下がってしまい、家賃を途中で下げる必要性があれば、利回りの率も下がることになります。先ほどの例を見て、15万円の家賃が14万円になった場合には利回りが9.3%になりますから、0.7パーセント下がることになるのです。

 

ここで家賃を下げなくてもいいのでは?という疑問を持つ人も少なくないと思いますが、一番怖いのは空室率です。利益が減るということでは済まされません。収益がなくなってしまうのですから。

 

ですので初めから利回りのいい物件を探すことに固執する必要があるのですが、そもそもそんな掘り出し物件と言うのはすぐに売れてしまうのが現状です。

 

そこで自分なりの穴場を発掘するか、情報を先取りするか、不動産会社との付き合いを念入りにするなど、何かしらの対策が必要になってきます。