不動産投資の節税について

 

不動産投資と節税についてですが、一棟売りのマンション、アパートなどに不動産投資をしているという人は、節税について考えていくことが重要です。

 

なぜなら、不動産を購入することで、いろいろな手数料や税金がかかってきますので、節税をしなければたいへんなことになってしまうからです。

 

そこで不動産投資の節税について調べていきますと、会社なら利益が余れば、設備投資、研究費といった将来のことを考えて、この利益を使っていくのが一般的に節税する手法になります。

 

サラリーマンや個人の給料で利益を上げた場合には、所得が上がることで税金も増えるという仕組みになっています。所得金額に応じて税率も決まっていくのですが、税金を勉強すればするほど、結構とられていることが分かります。

 

しかし不動産投資をすることで、サラリーマンも経費を計上して節税することが出来ます。

 

マンションや不動産投資に関して不動産所得がある人は、確定申告をしなければいけないことになっています。これは利益が出た人でも、利益がでなかった人でもどちらの場合も確定申告は必要です。

 

利益を出ている場合には税金を支払うことになりますし、損益が出ている場合には、サラリーマンの収入から損益を引いた税額の還付が受け取れることになっています。

 

確定申告は、サラリーマンにとっては面倒かもしれませんが、色々と経費を計上することで節税できることになりますから、サラリーマンに不動産投資は向いている投資ということになります。