一番安い軽貨物引越業者とは?

 

引越しをとにかく安く済ませたいという人には軽貨物引越業者がおすすめです。軽貨物引越業者は、引越しをメインに行っているわけではなく、他の荷物の運搬の傍ら、依頼があれば引っ越しのお手伝いをするというケースがほとんどです。

 

軽貨物引越業者のほとんどが個人事業主で、所有の軽トラックで引越しの作業をすることを主としています。

 

そのため、大家族で遠距離への引っ越しには不向きですが、単身赴任者や学生など比較的荷物が少なめの引っ越しには、小回りもきき、融通も色々とききますし、なんといっても料金が安いので人気を博しています。

 

軽トラック一台で近隣への引越しであれば、2、3万円で引き受けてくれるところもあるので大変重宝だと言えます。

 

軽貨物引越業者の殆どは個人経営で、運転手1人の場合もあれば、引越しの作業員がもう1人の場合もあります。人数に限りがあるので、自分でも手伝いをする必要がでてきます。

 

軽トラックの運べる量も決まっていて350キロまでとなっています。そのため、運べる量を事前にきちんと確認しておかないと2台以上のトラックが必要になり割高になるので注意が必要です。

 

軽貨物引越業に依頼する場合、梱包は基本的に自分で行います。梱包用の資材なども用意されていないところが多いので、自分で全部準備するようにします。梱包が悪ければ破損などの憂き目にあってしまうので、梱包はきちんとしておく必要があります。

 

もっとも最近では、引越し用のトラックが用意されていたり、引越し先でのエアコンの取り付けなど、引越しで必要なオプションサービスを行っているところも沢山あり便利になっています。また、普通の引っ越し業者に比べ、引越しの依頼などを前日に出来たりと融通が利き、気楽に利用できるところも利点となっています。